遠州浪漫文芸誌

文芸、映像、写真、スケッチといった語り口で遠州地域を感じてもらう現代版遠州風土記です。

遊星からのコロナX

 コロナウィルスの恐ろしさの一つに、無症状で感染している事に気がつかずに、いつの間にか周りに感染させてしまう事がある。この感染系が自分の周りに起こった時には常時他人を警戒しだし、家族までも終いには自分自身に対しても陽性を疑う事にもなりかねない。

 今回のウィルスパンデミックを目の当たりにし、昔読んだ小説を思い出した。

邦題は「影がいく」という海外の古典SF短編である。舞台は南極、エイリアンに次々に体を乗っ取られていく越冬隊員たちの話。エイリアンは細胞レベルで同化するため、誰がエイリアンなのか判別がつかない。更に乗っ取られている本人にもそれに気づかないのである。本人自身も含め誰がエイリアンなのか疑心暗鬼に陥る救い用のない絶望まっしぐらな物語だ。三度(内一作は前日譚)映画化もされている。小学生の頃だったか、TVで放映された。得体の知れないグロテスクなクリーチャーに度肝を抜かされ恐怖を飛び越えてトラウマになった。因みに映画の邦題は「遊星からの物体X」。監督はジョン・カーペンターという低予算B級映画の帝王。SFX担当はボブ・ボッディン。主演はカートラッセル。

 物語に出てくるエイリアンと戦う戦う人間たちの心理がどことなくコロナvs人類の状況と似ている気がしてならない。さらに、この物語(原作だったか映画だったか定かでないが)の中で「エイリアンは冬眠して春の救援隊を待つが、人間は死ぬだけだ」というセリフがある。コロナに限らずウィルスというものも人類が滅びるような大災害が起ころうと決して滅びることはなく環境に適応しながらじっと次の機会を待つ”モノ”である。

 物語では、人類はエイリアンには勝てないと結論付けられており、敵対しても不可能だと示唆している。原作では共存的なニュアンスも出ている。

 衛生環境等対策は行う必要はある上で、本当の戦いはウィルスを撲滅させることではなく、我々自身や他人への不信、差別、疑心暗鬼の撲滅だと言いたい。

 小松左京の「復活の日」のテーマには”理性”だと言われる。

 ウィルスとうまく付き合っていくには他人への思いやりや己を信じる気持ちが大切ではないか。

 どうもそう考えることがシンプルで最良と考えた。

 

 

 

遊星からの物体X (字幕版)

遊星からの物体X (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

 

古の祈り漂う郷

 お気に入りの場所が映画の舞台になったりすると、妙に嬉しくなって、なんだか急に作品に対して今まで以上に親近感を覚えてしまう。「はじまりの道」もその一本だ。

 戦後に活躍した映画監督の一人、木下恵介のゆかりの地である春野町が舞台である。戦中、恵介の病気の母を荷車に乗せて浜松から春野の勝坂まで引いていった。その途中、気田村で途方に暮れているところ、近くの旅館の主人に大変親切にされたという。その後もこの主人と恵介との親交は続いた。この旅館、伝説の名俳優松田優作もお忍びで宿泊していたことがあるという。

 有名人として他に、日産自動車の片山豊氏の出身地でもある。王子製紙跡前に「K's ROAD」という名前が道なりにある。

 春野町は歴史も古く、お茶などは鎌倉時代あたりから作られていたという。山のくぼみに沿って流れている清流の町。遠州七不思議の一つ「京丸ボタン」の伝説のある里。ノスタルジーな趣を微かに残す街並みと、それと調和する自然。

 そっと吹く風に身を委ねてみると、時空を超えて古の祈りが届いてきそうで心地よい。もし聞こえてきたならきっと心にしみる音色だろう。

 度々足がこの地に立ってしまうのは、だからなのかもしれない。

 

 

 

はじまりのみち

はじまりのみち

  • 発売日: 2013/11/28
  • メディア: Prime Video
 

 

臨時運行

臨時運行

 

人物

高橋晴美(18)高校生
高橋洋子(43)晴美の母
栗原高子(45)スナック経営
水谷一郎(45)晴美の父

 

 

 

 

 ◯学校・外観
   入り口に「高等学校卒業証書授与式」の看板がある。
   大勢の保護者や証書筒を持った学生が出てくる。

◯路地裏
   道幅狭く寂れている。ひしめき合う店舗はシャッターが目立つ。
   証書筒を左手に、歩きながら携帯電話をいじっている高橋晴美(18)。
   その横を歩く高橋洋子(43)。
晴美「あのさ、あいつ、運転手辞めたって聞いたんだけど、ほんと?」
洋子「あいつって呼ぶのはやめなさいって言ってるでしょ!?。お父さんでしょ!オトウ  

 サン!」
晴美「そう呼ばれる資格あんの? で?ほんとなの?」
洋子「詳しくはわからないんだけどさ、どうも本社異動になったらしいんだよね」
晴美「・・・ふ〜ん」
   洋子、晴美をチラッと見て微笑む。
   晴美、洋子を見て
晴美「何?今笑ったよね?」
洋子「ねえ、ちょっと付き合ってくれない?」
   と晴美を突っつき、指をさす。
   晴美、さす方向をみると目をキラキラさせ
晴美「え!!卒業式帰りだよ?大胆すぎない?」

◯スナック「タカコ」・中
   場末のケバケバしく妙に安っぽい飾り付け。隅に大きな振り子式古時計がある。
   晴美と洋子、カウンターに座っている。カウンター越しには栗原高子(45)。
     ×   ×         ×
   高子、晴美にジュースをだし
高子「はい、卒業おめでとうございます」
   晴美、目の前のジュースに釘付けになりながら
晴美「ありがとうございます」
高子「洋子はコーヒーでいい?」
洋子「ありがとうございます」
   高子、コーヒー缶を棚から取り出す。
     ×   ×         ×
   古時計が鳴る。
     ×   ×         ×
   洋子、時計の方を向いて
洋子「やだ、あたし」
   と立ち上がって
洋子「晴美、次の電車までここでゆっくりさせてもらって。」
   晴美、キョトンと洋子を見返す。
   洋子、高子に
洋子「よろしくお願いします」
   と軽く頭を下げ、ドアへ向かう。
   高子、ヤカンに火をかけながら
高子「はーい、気をつけてね」
   と晴美を見て
高子「未成年はまだダメよ」
晴美「ですよね〜」
   と残念がる。
   高子、笑う。
   晴美も笑う。
高子「お父さんに会えなくて寂しい?」
晴美「あんなやつ、ウザいし」
高子「別れた原因知ってる?」
晴美「オンナ作って出て行ったんでしょ?」
   高子、笑いながら
高子「よっぽど洋子ちゃん家に嫌われてたんだ」
晴美「違うんですか?」
高子「一郎くんてバカがつくほど鉄道マンでさ、寝ても起きても鉄道マンなんだよ。端から見たら家庭を顧みない無責任夫に見えたんだろうね。周りが黙ってなかったわけ」
晴美「・・・・」
     ×  ×       ×
   カウンター背面の棚にはびっしりとキープボトルが並んでいる。
   その中に「水谷一郎」とラベルに書かれたボトルがある。

◯スナック「タカコ」・外観
   昭和感漂う店構えで、ドアには塗装の剥がれかかった文字「タカコ」とある。
   その前を自転車に乗って通り過ぎる作業服の父親。
   そのあとを泣きながら追いかけてくる幼い娘。
   幼女に追いつき抱きかかえる母親。

中部天竜駅・外観
   木造で全体的にひなびた感じ。屋根には「中部天竜駅」の表札。手前の空のロータリー 週辺の花壇には菜の花やパンジーと言った花々が咲いている。
   端の方で洋子と駅員がいる。他は誰もいない。
   洋子、駅員に深々とお辞儀をする。
   駅員、洋子に深々とお辞儀をし返す。
     ×  ×       ×
   花壇の隅につくしたちが伸びている。
   
JR東海佐久間宿舎・外観
   表札に「JR東海佐久間宿舎」と筆書きされてある。

JR東海佐久間宿舎・廊下
   コンクリートの作りで床は布地が敷かれている。全体的に劣化が目立つ。
   制服姿で歩いていいく水谷一郎(45)。
   胸のネームプレートに「水谷一郎」とある。

◯スナック「タカコ」・外観
   ドアから証書筒を持った晴美が出てきて、振り向きざまに
晴美「ありがとうございました」
   とドアを閉めて歩き去る。

◯川・空
   青く澄み渡る中をトンビが二羽輪を描いて飛んでいる。

◯川・土手
   洋子が歩いている。
   
◯川・河原
   川幅は広く緩やかな流れ。小石が広がっている。
   父親、母親、娘一人が水切りを競っている。

◯川・土手
   洋子、河原の方をみて、微笑む。
   洋子、上を見上げて立ち止まる。
     ×  ×       ×
   青く澄み渡る中をトンビが三羽輪を描いて飛んでいる。

中部天竜駅・外観
   ロータリーにはタクシーが、改札口には人もいる。

中部天竜駅・ホーム・車内
   乗降ドアが開いていてエンジンは停止している。
   まばらにいる乗客。
     ×  ×       ×
   晴美、ボックス席の窓際に座って携帯電話の通話ボタンに指をかけている。

   晴美の携帯電話の画面に「おとうさん」の文字と電話番号が表示されてる。
   晴美、じっと携帯電話の画面を見てから、キュッと目をつむり、振り払って外をみ  る。


中部天竜駅・ホーム
   電車の窓から外をみている晴美。
   窓越しに横を通り過ぎていく水谷。
   晴美、外を眺めて、水谷に注視する。
   水谷、先頭部でとまって運転席ドアに手をかける。
   晴美、ハッとして顔を隠す。

中部天竜駅・ホーム・車内
   晴美、外から見られないように頭を伏せている。
晴美「え?なんでいんの?」
   と携帯電話の画面をじっと見てから、座席越しからゆっくり運転席の方を覗く。

◯スナック「タカコ」
   高子、コーヒーカップを拭いている。
   ドアの呼び鈴がなる。
   ドアを開けて洋子が入ってくる。
洋子「ありがとうございました」
高子「いいってことよ。」
   洋子、カウンターについて
洋子「こうでもしないと。ホントバカ鉄道マンなんだから」
高子「あんたまだ、一郎くんのこと愛してるんだね」
洋子「さあ、知らない」
   高子、笑う。
   洋子も笑う。

中部天竜駅・ホーム・車内
   晴美、座席に前のめりになって運転席を見ている。
一郎のアナウンス「この列車は、飯田まで快速列車で運行いたします。まもなく発車いたします。足元にご注意ください」
   晴美、ゆっくり座席につき、じっとしてから携帯電話を操作して、電話をかける。
   発車の笛が鳴る。
   晴美、ハッとして立ち上がり、急ぎ足で乗降ドアへ向かう。
     ×  ×       ×
   ボックス席には証書筒。
     ×  ×       ×
   晴美、アッと後ろを振り向く。
   乗降ドアの閉まる音。
 
中部天竜駅・構内・ホーム
   電車が出発する。

◯渓谷・全景
   遠くの山々は白い。緑はなく灰色の山の窪みに流れる川。
   それに沿って走る電車。

◯電車・車内
   窓の向こうに白い山脈が見える。電車に揺れている乗客達。
   晴美、ボックス席の通路側に座って運転席をじっとのぞいている。証書筒を握り、  もう片方で携帯電話を持っている。
   運転席に座る水谷の後ろ姿が見える。
   晴美、運転席をじっと見たまま電話をかけるも、すぐに携帯電話を耳から離し画面  をみる。

  「洋子母」の文字と電話番号が表示されていて、アンテナ表示が圏外マーク。
   晴美、携帯電話の画面を見ながら立ち上がったりして電波を探す。
   乗降ドアの前にきて
晴美「お!一本たった」
   と携帯電話を耳元へつけ、前をみる。
   乗降ドアに貼られた「NO!電話」の文字ステッカー。

◯深山の渓谷・全景
   そびえ立つ山の麓、谷底近い断崖を走る電車。谷底を流れる川は荒荒しい。

◯電車・車内
   晴美、ボーッと窓から外を眺めている。
水谷のアナウンス「次は中井侍中井侍でございます」
   晴美、小さく頷いてから唇をきっと結んですっと立ち上がり、運転手席をみる。
   運転手席に水谷の後ろ姿が見える。
   晴美、運転手席の方へゆっくり歩き出す。
水谷のアナウンス「尚、当駅唯一の乗客の方は本日卒業を迎えられました」
   晴美、えっ?と立ち止まる。
水谷のアナウンス「ご乗車されております高橋晴美さん、おめでとうございます」
   乗客、晴美に注目する。
   晴美、ぽかっと立っている。
水谷のアナウンス「本日を持ちまして、当駅の臨時停車は終了いたします。ご利用ありがとうございました」
   乗客の拍手を送る音。
中井侍駅・外観
   深い山々の渓谷にホームだけがある簡素な構えで、側には枝を広げた大きな桜の木  が花を満開に咲かせている。花びらはひらひらと舞っている。
   電車が停車している。

◯電車・車内
   開いた乗降ドアの前に立っている晴美。
   晴美、乗降ドアの側にある手すりに手をかけてじっと運転席をみる。
     ×  ×
   証書筒を握る晴美の手に力が入る。
     ×  ×
   運転席に座る水谷の後ろ姿が見える。
     ×  ×
   晴美、乗降ドアから降りて行く。

中井侍駅・ホーム
   立っている晴美の背後に電車が停車している。
   晴美、歩き出していると、窓の開く音。
   水谷の声「よし、後方よし」
   晴美、ビクッと止まり、後ろを振り向く。
   晴美、ハッとするが、照れ笑いしながら瞳から涙が溢れだす。
   晴美、涙を拭い、姿勢を整えてシュッと敬礼をする。

中井侍駅・外観
   桜の花びらがひらひら舞っている。
   一郎、敬礼し、晴美も敬礼している。
   一郎、窓を閉める。
   電車は警笛を鳴らし、発進する。
   晴美、敬礼をし続けている。
   

 

   「完」

 

 

 

鉄道員(ぽっぽや)

鉄道員(ぽっぽや)

  • 発売日: 2015/11/05
  • メディア: Prime Video
 

 

   

   

 


   

   
   
      

 

   

 

昼下がりの鼠たち

昼下がりの鼠たち

 

 人物

 

倉田健一(40)無職

倉田雪子(36)パート

倉田雄輝(5)園児

 

 

◯アパート・外観

   バラック調の傾きかけた2階建て。錆びついてメンテナンスされていない。

   通路には洗濯機。そして洗濯物が干されている。

 

◯アパート・一室・茶の間

   整理整頓はされておらず雑多な様子。隅には埃が溜まっていて、テーブルの下には食べ

   こぼしたものが落ちている。

   寝そべってテレビを観ている倉田健一(40)。手許にオモチャが転がっている。

     ×  ×  ×

   倉田雪子(36)、目をこすりながら、襖からゆっくり顔を出して

雪子「すみません。もう少し音を下げてください」

   倉田、テレビに向かって

倉田「うるさいよ」

   と指で畳を小突く。

雪子「もう少ししたら仕事なので、寝かせてください」

倉田「なんとか上手いことして寝ろや」

雪子「せめて雄輝は寝かせてあげてください」

   と振り返る。

 

◯アパート・一室・寝室

   押し入れは半開きで、中のものがはみ出している。衣装ケースが積み上げられていて、

   ハンガーラックには掛かり切れない服がかぶさっている。布団が二人分敷かれていて、

   一方に倉田雄輝(5)が寝ている。傍らには保冷剤や処方箋がある。

 

◯アパート・一室・茶の間

   倉田、ギッとテレビを睨んでから、起き上がり際に足元のオモチャを掴む。

     ×  ×  ×

   テレビにオモチャが飛んできて当たる。

     ×  ×  ×

   雪子、驚いて向き直る。

     ×  ×  ×

   倉田、立ち上がり雪子に背を向けて

倉田「ちょっと出てくるわ」

雪子「え?、この子一人になっちゃうじゃない!」

雄輝の声「お父ちゃんごめんね。僕、熱出ちゃって。お散歩行ってきていいよ。行ってらっし

   ゃい」

   倉田、じっと立っている。

 

◯アパート・一室・寝室

   雄輝を見つめている雪子、下を向く。

   雪子の眼から涙が落ちる。

 

◯アパート・一室・玄関

   下駄箱もなく簡素な作り。

   音をたて扉が閉まる。

 

 

「完」

 

 

 

わたしは、ダニエル・ブレイク (字幕版)

わたしは、ダニエル・ブレイク (字幕版)

  • 発売日: 2017/09/06
  • メディア: Prime Video