遠州浪漫文芸誌

文芸、映像、写真、スケッチといった語り口で遠州地域を感じてもらう現代版遠州風土記です。

三丁目の決断

三丁目の決断

 

人物

 

高橋修二(30)工員

 

 

 

◯商店街

   バラック調で不衛生な佇まいの建物が連なっている。

   道は未舗装で、オート三輪が通るたびに砂埃がたつ。

   昼のサイレンがなっている。

   草履をずって歩いている高橋修二(30)。

   ヨレヨレのシャツに機械油で汚れたズボンを履いている。

   高橋、横を向いて立ち止まる。

 

◯商店街・民家前

   トタンと木材でできた粗末な建物。窓が開いている。

   裸電球が一つぶら下がっていて、ボロボロの畳敷き。継ぎ接ぎだらけの襖。

   ちゃぶ台を囲んで、一つの鍋からラーメンを分け合っている父親、母親そして兄妹。

   父親、窓の外を見て、ニコリと微笑む。

  

◯商店街

   高橋、会釈をして、歩き出す。

   高橋、空を見上げて、軽く頷く。

 

◯商店街・元中華店前

   中華店風の佇まい。店名は削り取られている。窓にはホコリや水垢で曇っている。

   高橋、立ち止まり、店の方を見る。

 

◯元中華店・中

   すみの方に荷物や不要物等が置かれていている。

   壁には「たんじょうびおめでとう」の文字。

   真ん中の丸テーブルに父親と祖父、祖母、子供兄妹が座っている。

   奥から母親がロウソクを一本立てた大盛りのチキンライスをテーブルへ運んでくる。

   娘に拍手する家族。照れながらロウソクを吹き消す娘。

 

◯商店街・元中華店前

   高橋、上を見上げて目をつむり、軽く頷く。

 

◯商店街

   前方には太鼓櫓が見える。

   高橋、歩きながら腕を組み口元がほころびる。

   開襟シャツのサラリーマンが口に用事を咥えてすれ違う。

 

◯商店街・定食屋前

   特に極まるみすぼらしい構え。

   高橋、土埃を被ったショーケースのサンプルメニューをじっと見ている。

   高橋、ズボンポケットに手を突っ込んでモゾモゾする。

   ポケットから出した、握りこぶしを広げる。

   手には十円玉三枚。

   高橋、サンプルメニューを覗く。

   素ラーメン、二十五円。チキンライス二十円とある。

   高橋、空を見上げ目を閉じる。

   高橋、軽く頷く。

 

「完」

 

 

 

ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video